TELL-DIARY

アトランティド1~3巻発売中!!ブログ復活しました!ぼちぼち更新していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

熱いハートで

9月4日といえば!!


それはダン様の誕生日ですねー(うちの犬
知る人ぞ知るうちのアホ犬でございます。
どくつぶてのプロフのヒデがかぶってるのもうちの犬の毛皮です笑
ダン!おめでとーー

ああー去年の誕生日はケイタイで実家に帰れないオレの分の
おめでとうを(犬に)一緒に言っといてくれていったら
「バカじゃねえの!」と親に一蹴されたのを思い出すぜ・・・
(バカじゃねーよおらああ!!飯ぐらい増やしてやれよ!!
もう今年はいわねーーし!(謎の反逆精神


にしてももう一年たつのか~~
はえーーなーとつくづく思います
まああいつに限っては飼い手に似たのか
無駄に年食って何も成長しないんだろうけどナ!笑
犬は一歳で人間で言う6、7歳と歳食うんだった気が・・・
今2歳だから
っということは来年は三歳で×7=21!!
ほぼタメだ!!!(何故か嬉しい

そしてむっさ関係ないけど今の熱さを忘れないために
もう逃げない為に
書きとめておこうと思う






ネームが一応の終局をみした、後は下書きに突入するのみ、
その前に一つ気持ちを整理しよう・・・うん

今までのオレはココまで来るといつも先行するのは恐怖心

「ココでぼろぼろになるんだろうな~~
っと自分のへぼさの露呈
描けない事への驚嘆
うわあああしかもペン入れで更に死ぬし。。。
こええええええええ!!!」

いつもだ・・・・いつもここで終わる

先生にも一喝された、
「何故君はネームが出来てから悩むんだね、後は原稿に描くだけだろ」と
そんな簡単な作業なのに・・・でもいつもオレは

「いやーなんかまだ駄目駄目っすよーこことかこことか全然っすよーやり直します」
っと・・・そこで先にブレーキしてしまう弱い自分がいる

完璧なものなど出来やしないのに、
まだいける、オレが想像するのはこんなもんじゃないと心の中で強がって・・・
勝手に「大器晩成型なんすよ~」と自己暗示

お前はなんだ・・一生大器晩成型で終わる気か・・・と・・・
クソみたいなプライドだけはあって何の意味がある、

怖かったんだきっと自分のへぼさが露呈されるのが、
それは例え逃げとしっていても
自分の目の前に提示されるであろう「お前は世間じゃこんなもんだ」という現実

これが完成した時オレは自分のへぼさに気付いてしまう、そんなのは見たくないと・・・・
そんな思いがあったのかもしれない・・・


でも今は・・・今はもうなんか吹っ切れた感がある。
またこれからもいくつもの壁にぶつかるかもしれないけど

自分を捨てた時それは何かを新しく得る時だ
一度すっからかんにしてしまえばいい

お前へぼいな~って言われるなら

へぼいで構わん、いずれ強くなる
もう恐れる事はやめた
この挫折も糧になる、全てを栄養源にすればいい

うまく描けなくたって構わない、現実を受け入れる準備がなんかできた
がむしゃらに描けばいい、慣れればいい、それだけの事だ

賞とってるやつもアカマルのってるヤツもペン入れや絵へっぼいヤツあるし
んだこのストーリー!なんで載ってんだ!ってのもある・・・
が、あいつらは俺から言わせれば俺が一番持たなければいけないものを持ってる

オレに足りない一番は「自分を殺して目の前にあるモノを受け入れる強さだ」
理想より劣るなんて当たり前、それを目指して練習し、頑張るわけだから、
へぼいのを見るのが嫌なのは誰しも同じ
でもそれでも自分はまだいけると踏んで描かないよりあるポイントで見限って
作品を量産してその上でレベルをあげていけるやつが真の強者だ

仕上げてしまえばそれがよかれわるかれ何かしら自分に還ってくる筈だから
あいつらだってあれで満足してるわけが無い、売れるやつや成功してる人間は常に貪欲だ

でもそれを乗り越えて踏み倒していけるヤツがホントに強いんだきっと・・
少なくともオレはそう思う



そして何故急にそう思えるようになったか・・・・

今でこそというべきか、やっとというべきか、ホントにそう思えるのもきっと、
最近マンガを描くのがすごく楽しいからなのかもしれない

いや・・・・キャラを描くのが楽しい・・・といったほうがいいかもしれない
楽しく描く、これが俺に限っては一番大事な事だと最近ホントに思う

なんてんだろ・・・・
イラストや落書き描く暇があるなら漫画を無性に描きたいという
今までのヒデでは考えられない衝動!

最近の作業サイクルがページ数が決まってる課題と読み切りのフィッシュのマンガをメインで描いて
楽しみとして無制限の「星界のガルガンチュア」を休憩で描くという



前描いたフォレスティアの続きと合わせて一話分21ページ描いて通して読んでみて・・・
もうな・・・感情が乗ってるんかしらんけど
ボスの決意のシーンとか涙でそうなった・・・いやでた・・・
んなバカな!って話ですが
そこまでの過程があって感情が高ぶるわけで、
そのシーンに行くまでは途方も無い労力を超えてからいくもので、でも

話の筋を読み手は分からないし結局オレの脳内ワールドでしかないのだけど
自己マンであろうとそれは確かな感情、
ボスがその時思って、決意した瞬間
それはまぎれもなく俺の中であいつというキャラが確立した瞬間。

そして思った、

ああ、やっとボスが分かってきたのかも・・・・と・・・
これが、、、これがボスだと・・・

最近自覚したのは、イラストで描くと
そのキャラの雰囲気や仕草で他人が見ても
キャラクターがなんとなく掴めるのは確かだとは思うけど、
ホントの意味でのキャラってのは
紙の上でマンガとして描いた時に垣間見る事が出来るんだな・・って思えた

オレはバッタにしろガッチ、パッチ、フラン、ボス、安にしろ、他のヤツも皆皆
あいつはこういうヤツなんだと「知ったか」をしている気がした

オレはあいつらの創造主だ、
だからあいつらの事を全て知っているかのように思っていた、でも違った

奴らをマンガの中で喋らして動かした時、彼らは予測不能の行動に出る、
その時やつらの本質的なキャラに気付くというか・・
「こういう事もいうのか、、こういう事も出来るヤツなのか・・・」
と俺自身驚かされることがしばしば・・・
今まで皆でわいわいやってるイラストでこいつらを知った気になっていたが、
ああ、オレはこいつらの事をまだまだ全然知らないんだな、表面しか見てなかったって思えた
でもマンガを描けば描くほどまた違う一面、凄みをこいつらから感じ取る機会が生まれた
それはまだ100ページにもみたないにしてもイラストの比ではなかった。
オレは素直に驚いたし嬉しかった

そうした時、ホントの意味でお前らを知れるんじゃないかなって思うんだ。


そして昔のオレからは考えれない読みやすさを感じた
昔のは背景のかっこよさや、
画面構成や絵だけ見ていて話はどうでもと考えてなかったけど、


絵が描きたかった俺は今

マンガの中で「キャラ」を描きたい気持ちに変わった



キャラのドラマが描きたいとなった今、必然的に会話が生まれ、それによって
今までなんとなーくだったモノが、しっかりと魅せたいキャラに焦点を置いたものに変化しつつある。

それゆえ感情移入も出来るし、何よりコイツらが喋って動いてるほうが見てて楽しい
少年誌の読者は絵はもちろんだけどキャラが見たいんだと!

まだまだなのは承知だが
それでも俺の昔のマンガよりは圧倒的に読みやすくなってると思った
いや、そもそも昔の、と言えるほど描いてすらいないのだが
それはこれから描いていけばいいだけの話

見せたいところをでかくすればそこが強調されるとか
アップを効果的に使うとか
白い部分を残すとか
セリフを減らすとか
かっこいい構図はピンポイントで使うとか
見開きで考えるとか・・

描いてる人たちからすれば当たり前の事かもしれない
だけどそれはオレにとって全て新鮮で・・・


でもきっとお前らってキャラがいなかったら
オレはここまで熱くはなれなかったはずだ

お前らがドラマを作ってくれるからオレもそれを見たいから描く

いや・・・・昔のお前らじゃない・・・今のお前らだからこそ

2年半の付き合いを経て絵柄もビジュアルも性格も超変わったし仲間も増えたし
苦労したけどお前らは常にオレを支えてくれたし、困らされたし
苦悩を乗り越えその度成長、そして今のお前らがいる・・・
親として涙が出ます(笑


だからこそ今マンガを描くのが熱い!!このままこの熱さでやり続けていけば
爆発する兆し!!予兆!!
オレはそれを爆発ポイント的に考えていて一時劇的に延びる時期があるんです!
イラストではあったけどマンガでは初めての予兆!!
今回のは自分でも手に取り分かる!!(気がする
もちろん努力を怠った時爆発は一瞬で冷めるわけですが


最後に・・・



ふと気付けばキャラクターに向かって真剣に向き合って
語り倒している自分がきもい・・笑(うわああ・・・これぜってー普通の人引くわ~~笑汗

っと・・・

とにもかくにももうびびらねえ!
えげつない評価が下ってもどんときやがれ!

熱いハートでヘボはヘボなりにがんばっぞおおー!!(うおおお!!
スポンサーサイト
  1. 2008/09/05(金) 18:15:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<お詫びと今後 | ホーム | ゆりっぺえええええ!!!!!!!!!!!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/09/06(土) 00:11:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

おお燃えてんな
やっとさっき下書きが全部終わったぜ
どう描いたってゴーシェの時よりいいのが出来るはずだ

それに不思議なもんであれはあれで今見たら、なんか許せる(笑)

見れるんだよな。

それは多分あの作品をマジでやってたからやろうな。

とにかく真剣かつ丁寧にやればそれなりに満足のいくものが創れるはず

おれもこれからペン入れ

共に死のうぜ(笑)


嘘。死ぬ気はねぇ
  1. 2008/09/06(土) 07:35:44 |
  2. URL |
  3. どくつぶて #-
  4. [ 編集]

恐いことナイナイ!
小さい頃とか料理でも何でも、誰かに何か作ってあげようとすると、
自分がヘタなのも構わずスゴイわくわくしたじゃなかとですか?
もらってくれた相手が喜んでくれることとか、お礼言われたり褒められたら
どうしよう笑みたいな妄想を繰り広げて、何だか嬉しかった気がするのですよ。
ヒデ君のキャラに対する気持ちは、きっとキャラからも
返ってくるし、納得いかなくてもヒデ君のキャラなら
「次期待してるze」的な言葉をかけてくれると思うんだ。
ってか、最初から上手く描けてたらスゲーつまらんと思う。
コノヤローって山を登る感じが面白いと思うし、きっとバッタ達なら手を引いたり、
背中押したり、突き落としたり(え?)してくれるyo!
まー自キャラに思い入れがない私が言っても説得力は
ないがな(泣笑)
  1. 2008/09/06(土) 09:00:23 |
  2. URL |
  3. クロサワ #-
  4. [ 編集]

何か俺、勘違いしてたみたいだな。
身体障害者を馬鹿にしてた人間をどうこう言ってたにも拘らず、体臭云々言っておっさんを馬鹿にしてる薄っぺらなお前の価値観に乾杯。
お前に正義を語る資格は無いように思う。
もう応援などしない。ガッカリだ。
  1. 2008/09/07(日) 11:10:08 |
  2. URL |
  3. 応援者 #-
  4. [ 編集]

たっちゃん?!笑

おう!そっちも頑張れよ!!お互い死のうぜ!!(いや死なねえ!!笑

クロさん

うおおおお!ありがとおおお!!
マジで励まされました!!
言いそうだわ~~みんな「次期待してるぜ!」って笑
そうだよ!先が見えないから頑張るし楽しいんだよ!!
突き落とされても這い上がればいいっすもんね!(ってバッタおい!!
そんな事ないっすよ!もうクロさんはオレよりあいつら分かってますよ!笑


応援者さん

本当に申し訳ございません・・汗
オレの言動で2度までも不快な思いにさせてしまい、自分のとんでもない愚かさに気付けました

言い訳のしようもございません

もっといい人間になれるように努力します

ご指摘ありがとうございました
  1. 2008/09/07(日) 13:26:13 |
  2. URL |
  3. ヒデ #kpjYxc8I
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battacomic.blog113.fc2.com/tb.php/223-aa836b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山地ひでのり

Author:山地ひでのり
1988.11/22.♂.B型
サンデーSにてアトランティド連載中
駆け出し漫画家による
人生の汗と涙と鼻水の結晶
ここに極まれり!!

お仕事・連絡はこちらに↓
battacomic619@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング参加中☆

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。